ハイヤー運転手の仕事内容 - 息の長い活躍が見込めるハイヤー運転手

ハイヤー運転手の仕事内容

ハイヤーは予約制の貸切自動車のことで、主に使われる車は高級車が使われます。

タクシーとの違いは予約制であり料金も時間または1日単位で決定されます。このためハイヤーはタクシーよりもワンランク上の存在で主にVIPや会社役員の移動手段や送迎などに使われています。

一方でハイヤーの運転手になるためにはタクシーと同じく普通運転免許の第二種免許が必要です。
ハイヤーを運行している会社はタクシー会社などが行っていますが、運転手になる場合には多くはタクシー運転手からの転職が中心です。
理由としてはワンランク上のサービスを提供するため乗客を乗せて移動する経験が豊富であることがあげられます。


また誰もが採用されるわけではなくサービス面で会社が求めるスキルを有していることも必要になります。

ハイヤーの運転手情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

このため運転だけでなく乗客に対して適切なサービスを提供できるノウハウや礼儀を知っている必要があります。
ただ必ずしも転職者ばかりというわけではなく新卒で採用しているところもありますが、採用される最低条件が二種免許を取っていることで年齢的な制約があります。


仕事内容は予約制ですので前日以前からスケジュールが組まれています。


日中の仕事と夜間の仕事がありますが、担当する自動車の簡単な整備点検や洗車、車内清掃も仕事になります。



貸切ですのでタクシーと異なり給与は歩合制ではなく固定給で、乗務手当、時間外手当などが付きます。



年収は会社によって変わってきますが400万円から500万円程度が相場です。