ハイヤー運転手はお客様と運転にとても気を使う

ハイヤーとはタクシーと同じ個別輸送機関の旅客自動車です。公共交通機関が不特定多数のお客様を相手にするもので、個別輸送機関は特定のお客様を相手にするものです。
タクシーは目的地へ最短距離で早く到着することが最も大事ですが、ハイヤーは安全に早く目的地に到着することはもちろん、車内で快適に過ごしてもらうことをとても重要に考えています。

それには運転手の気遣いや運転スキルが大切です。

ハイヤーの運転手について学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

ハイヤーには特定のお客様を毎日送迎する専属運転手の仕事があります。
朝お客様のご自宅にお迎えにあがり会社へ行き、日中や夜は営業先や会食先などへ送り、最後にまたご自宅へお送りして一日の仕事が終了するというものです。

毎日同じお客様と顔を合わせるので、相性が大切になります。

お客様の好みの運転(速度や車線変更の頻度など)、車内温度、荷物など身の回りのお世話や会話がお客様に合わせられることが大事です。
お客様が何を欲しているのか、要求しているのか気付きさりげなく行動できる繊細さが必要です。運転スキルはタクシーよりもレベルの高い技術が求められます。



タクシーはほとんどの場合一回乗ればもう会うことはありませんが、ハイヤーの運転手は毎日顔を合わすので、お客様に怖いと思わせないように、また好みの運転をできる限りしていくことが大事です。要点は加減速・カーブなどで揺らさない、安全で安定した運転です。ふんわりアクセルとゆっくりブレーキで、停車する直前もカックンと揺らさないよう気を使います。