ハイヤー運転手の仕事とは - 息の長い活躍が見込めるハイヤー運転手

ハイヤー運転手の仕事とは

ハイヤー運転手とは、タクシー運転手と違うのはメーターがついていない車を運転しています。
いわゆるタクシーのような流し営業はしません。


所属会社や営業所で待機し、要請があれば派遣され、顧客の指示で目的地まで運転します。ハイヤーは雇用・賃借というもともとの意味があり、利用する車及びドライバーを一定の時間や期間借りるということです。

ハイヤーの運転手に注目が集まっています。

顧客は車が所属営業所を出てから戻るまでの費用に加えてその間のドライバーの費用を払います。



またタクシーの車と違って扉が自動開閉しません。ドライバー自体が顧客の乗り降りに対して扉を開けます。

法律上の規定にはハイヤーに対しての定義が定められておらず、一種のタクシーのような位置づけがされています。
しかし利用する側には明確な位置づけがあります。

それはタクシーが短距離(人によって長距離利用する場合もありますが)向きで街中の利用が多い車です。

一方でハイヤーは予約して貸切るタイプで長距離か中長距離に利用されます。
イメージとしては黒塗りの高級車が多く、格式が感じられる車が多いようです。

種類によってはテレビモニターやオーディオシステム、シャンパンクーラーが搭載しているリムジンタイプも含まれます。

タクシーと違うやりがいは、顧客に企業の重役や著名人に直接指名されることもあるのでやりがいを感じる方が多いようです。中には特定の人材と車両を企業の専属として契約を結ぶこともあります。

ハイヤー運転手になるにはタクシードライバーを経てからなる人がほとんどです。